Software Installation

proxyの設定

インターネットに接続する際に,proxyを通さないといけない場合の,各種アプリケーションのproxy設定について説明します。

ROSのダウンロードやドライバパッケージのダウンロードするための、設定です。 また、インターネットで調べると簡単に調べる事ができるので、簡単な説明しか行いません。

apt-get

apt-getをproxy経由で使う。 そんな時は次のコマンドをシェルで実行する.

$export http_proxy="sample.of.proxy.server.jp:80"

subversion

svnをproxy経由で使う。

$sudo vim ~/.subversion/servers

もしくは

$sudo vim /etc/subversion/servers

のように、serversというファイルを編集します。以下を修正して下さい。

   [global]
   http-proxy-host = sample.of.proxy.server.jp
   http-proxy-port = 80

[global]の上にある [group]などは全てコメントアウト(#をつける)

wget

wgetをproxy経由で使う。

$sudo vim /etc/wgetrc

のように、wgetrcを編集します。

   # You can set the default proxies for Wget to use for http and ftp.
   # They will override the value in the environment.
   # http_proxy = http://proxy.seto-private:8080/
   # ftp_proxy = http://proxy.seto-private:8080/
   
   # If you do not want to use proxy at all, set this to off.
   # use_proxy = on

という部分があるので、上記でいう3,4,6行目の"#"を削除("#"のついてる行はコメント)

   # You can set the default proxies for Wget to use for http and ftp.
   # They will override the value in the environment.
   http_proxy = http://sample.of.proxy.server.jp:80/
   https_proxy = http://sample.of.proxy.server.jp:80/
   
   # If you do not want to use proxy at all, set this to off.
   use_proxy = on

として、保存して下さい。これでOKです。

   http_proxy = sample.of.proxy.server.jp:80/
   https_proxy = sample.of.proxy.server.jp:80/

コメントした文の前にスペースなどが入っていると、エラーが出てしまうので注意して下さい。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-26 (木) 10:51:03 (2255d)